ファイブスクエア株式会社でございます。
いつもご利用頂きありがとうございます。

本日は浴室暖房の設置工事についてご紹介させて頂きます。

今回は交換ではなく、新規にて設置をご希望のお客様でご利用に必要な電気配線を新たに引く作業を実施致しました。


工事前の分電盤の状況でございます。

商品設置にあたり専用の電源が必要となりますが、すでに分電盤にブレーカーが埋まっておりましたため、新たに専用のブレーカーを設置致しました。

浴室側の外壁の様子です。この壁面に穴あけをし、商品と接続するための電線用の経路を確保致します。

穴あけの後、電線管を用いて配線を致します。今回は配線を極力目立たなくするため、屋外から床下を通して分電盤と接続致しております。


浴室からの配線が床下に延ばしている箇所でございます。

分電盤設置のお部屋に床下点検口がございましたため、そちらから床下に入り配線を行ないました。

床下から分電盤の設置されている壁の裏を通してブレーカー付近まで電線を延ばし、新たに設置したブレーカーに接続して電源工事は完了となります。


(設置商品:高須産業 BF-961RGC)

今回の工事につきましては2名作業にて4~5時間で完了致しました。

ご自宅の環境などで同様の工事が難しい場合もございますが、配線を極力隠すような工事もお受け致しております。
新規商品設置にあたり、仕上がりの点でも気になる事がございましたらご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

よろしくお願いいたします。